• 飯塚
  • ライフスタイル 不動産・住宅関連

パス提携店

+M設計

断熱材に「もみ殻」を利用した高性能住宅
家庭用エアコン(5kw)1台で家中が快適
床の仕上げは、お客様が自分で行ないました。
楽しさと、遊び心、満載の、日々成長する住宅
家族で庭いじり。日々、庭が成長しています。
レイアウトが変化していく、楽しい空間です。
海辺に建つ家
ご家族で建具や床を塗りました。
+M設計・飯塚office(ネロボタニカ2F)
+M設計・飯塚office(個別相談の様子)

■見えるって、凄い!

■顔が見え、価格が見え、品質が見える家づくり

■「顔が見える」ということは…

 プラスエム設計では少し変わった契約会が行われます。いえいえ、変わっているというよりも、見ようによっては画期的な契約会です。その契約会は、こんなふうに行われます。
 はじめに建築主の小池さん(仮名)が契約を交わす業者の人たちに挨拶をします。
 「私の想いが素敵な設計図になりました。こんどは皆様のお力で現実の形になります。どうかよろしくお願いします」。
 続いてそれぞれの業者と順に契約します。
 「基礎工事のKといいます。当社は丁寧な仕事が売りです」という具合に。
 すべての業者と契約が終わると、全員で記念撮影をします。
 「まるで内閣発足のようですね」と小池さん。すると、
 「小池さんが総理大臣で、プラスエム設計のYさんが官房長官だね。大工の自分は幹事長かもしれん」と大工の棟梁。笑顔が広がります。
 工事が始まってからも、ずーっと顔が見えます。例えば、基礎工事のKさんが次のような報告をします。
 「今日は基礎の立ち上がりに鉄筋を入れました。建築士さんの検査に合格したので明日はコンクリートを打つ予定です」と。
 すると、小池さんが返信します。
 「お疲れさまです。写真が添付してあるので、工事の様子がよく分かります。明日もよろしくお願いします」と。
 こんなふうに、基礎をつくる人、壁を塗る人、そして電気の配線をする人などが日々報告します。
 「顔が見えるって、なんて楽しいのでしょう!」と小池さん。 

■「価格が見える」ということは…

 個別相談までさかのぼります。ここはプラスエム設計のセミナールームです。
 「原価で建てるって、どういう意味なのでしょうか? 建築は複雑すぎて、私にはちっとも分かりません」と小池さん。
 「ごもっともです。分からないのも無理はありません。それでは、原価をそのまんまお見せしましょう」と、プラスエム設計の建築士。
 55インチの大型テレビにパソコンの画面が映し出されました。そこには驚きの価格がズラリと並んでいます。
 定価87万円のユニットバスが工事費込みで28万円。定価80万円のシステムキッチンが22万円、取付け工事費は別。定価98万円のエコキュートが21万円等々。いずれも有名メーカー品です。
 小池さんは、定価と仕入れのあまりの違いに驚きました。
 (定価って、何なのでしょうか?)
 そして、次第に可笑しくなりました。
 (建築業って一体、どうなっているのでしょう? 思わず笑っちゃいました)
 建築士が言いました。
 「住宅会社は、例えば98万円のエコキュートを60万円とか定価の7割とかで見積もります。仕入れ価格は21万円ですけどね。オープンシステムの場合は小池さんが21万円で購入します。つまり、これが原価で建てるという意味です」。
 そして、こう続けました。
 「住設機器や建材にかぎりません。基礎工事も内装工事も、その他18の業者と交わす工事請負金額もすべて原価です。住宅会社は、建材や住設機器に限らず基礎工事や大工工事まで商品として売っています。まるで小売店(住宅専門店)です。
 プラスエム設計は、建材や工事で利益を上げることはありません。技術の対価として、見える形で報酬をいただきます」。
 「価格が見えるって、なんて素敵なのでしょう!」と小池さん。

■「品質が見える」ということは…

 小池さんの要望を反映させた案だけではなく、自分ならこういう家に住みたいという案など、複数の建築士によるプレゼンテーションが行われます。
 小池さんは、その中から自分の想いに最も近い案を選び、建築士業務委託契約を交わします。ここから本格的な設計が始まります。
 設計期間は約4ヶ月。この間、7〜8回の設計検討会を持ち、小池さんはデザインや間取りの意味、さらに省エネ住宅の重要性などを理解します。場合によっては出来ない理由や、実現させない方が賢明な理由なども理解します。つまり、設計の品質が見えるのです。
 しかし、いくら設計の品質を上げても、それが工事に反映されなければ意味がありません。つまり、こういうことです。
 いくら断熱性能の高い設計をしても、断熱材を充填するときに間違った施工をしたら、目指した断熱性能は確保できません。
 また、断熱に限らず基礎や木材など構造強度に関係する部分も同じです。それから仕上げの精度に関することなど、家づくりには重要なポイントがいくつもあります。
 これらをいったい誰が検査をするのでしょうか? 家づくりで最も重要なのはこの部分です。
 プラスエム設計では、建築士(設計監理者)が定められた92項目の検査を行い、建築主に報告します。例えば次のように。
「昨日、鉄筋を検査し、継手の一部を直すよう指示しました。手直しを確認したら再度報告します」と。
 ここまで徹底した検査報告を行っている住宅会社などありません。というより、ほとんどの住宅会社は、検査報告そのものを怠っています。
 「品質が見えるって、なんて安心なのでしょう!」と小池さん。

■見えるって、凄い!

 見えると、誤魔化しが通用しません。不要な経費が排除されます。やるべきことをやらなければなりません。
 だけど、「見える」を実現するのはそう簡単ではありせん。何故なら、隠したいことまで見えてしまうからです。「見える」を実現するには、思い切った改革が必要です。

 プラスエム設計は、オープンシステム(建築の分離発注方式)を考案して全国に広めた設計事務所です。ずっと前から「見える」を実現しています。
 この手法でこれまでに5千棟を超える建物がつくられました。大半は住宅ですが、中にはマンション、工場、店舗などもあります。また、新築に限らず増改築でも「見える」が大きな効果をあげています。

プラスエム設計は、無料の個別相談に応じています。ホームページ http://plus-mp.com/ または、お電話(0948-21-1660)でお申し込みください。家づくりがもっと自由で楽しくなることをお約束します。もちろん、不要な経費が大幅に削減されることも。

PASS SERVICE

チクスキパス提示で…

1級建築士による「家づくり」無料相談
来店時パス提示

SHOP DATA

tel: 0948-21-1660
name: +M設計  
address: 福岡県福岡県飯塚市忠隈71-4 ネロボタニカ2F
holiday:

open:

URL: http://plus-mp.com/
Comments

3111

2017.04.14 UP

Keey English Academy(キー イングリッシュ アカデミー)

2020年から小学3,4年生で年間35コマの英語教育が始まりますが、これに先立ち2018年からは年間15コマの英語活動が導入されます。 さらに中学校では授業がオールイングリッシュで行われるようになります 。 特に「話す(対話)」「話す(...

Climbing Space Volta (クライミングスペースボルタ)

クライミングジムが筑豊に進出! これからは思い立った時にいつでも登りに行けちゃうんです。 高さ4mほどの壁にランダムに設置されたカラフルな出っ張りを登るボルダリング。 手を掛け足を掛けと全身を使うため、体幹が鍛えられ、柔軟性やバラ...

まぁちゃんのおだし本舗

自分の娘の離乳食の為に作ったおだしなので、化学調味料・保存料・着色料などを一切使わずに作った「かつお節」と「いりこ」のおだしです。

大村ファーム

(有)日本バボルナ「テトラエッグ」の直売所。 見田山の森(養鶏場)から毎日運ばれてくる新鮮なとれたてたまごを量り売りで販売しています。ネコやプー太郎(犬)がいます。 国道200号線のステーキハウス三田屋さんの角を曲がり椋本小学校の先...

since 1919 下川質店(GIA認定宝石鑑定士)

東京の大手宝石専門商社に12年勤務し、世界で最も権威のある米国宝石学会(GIA)の鑑定資格も取得。ニューヨークやイスラエルでもダイヤモンドバイヤーとして活躍した経歴を持つ宝石鑑定のスペシャリストが店主を努めます。だからこそできる高額買取と高...