• Special

2021.05.13 UPDATE若手ファーマー集団「百笑」が子どもたちの農業体験を行う理由とは?

 

飯塚市で活躍する若手農業チーム「百笑」が、今年も地元小学校へスイートコーンの農業体験会を開催しました。

昨年の収穫体験につづき、今年は苗植え体験。どんな様子だったのか、なぜ農業体験を定期的に行っているのかなどについて話を伺いました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●昨年の収穫体験はコチラ ⬇

https://chikuski.jp/articles/view/280

●百笑についての詳しい記事はコチラ ⬇

https://chikuski.jp/articles/view/265

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

■ 苗植え体験をして、子どもたちの反応はどうでしたか?

年々元気が増していっている感じがします。手で植えていくのは難しいのですが、みんな慣れるのが早いですね。

 

■ なぜ”収穫だけ”などではなく、毎年苗植えから収穫までの一連の作業の体験を行っているのですか?

獲って美味しいだけではなく、自分たちで最初から植えて観察し、収穫まですることで、子どもたちへの食育が深まるのではないかと考えています。

 

■ 今回植えたスイートコーンは、いつごろ収穫になるのですか?

毎年夏休みの前には獲り終われるようにしています。だいたい7月中旬ごろに収穫ですね。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

百笑(@hyakusho_mkr)がシェアした投稿

 

■ 今回植えたのは何という品種ですか?

「おおもの」という真っ黄色のものと、「しあわせコーン」という黄色と白の2色のものを植えました。とうもろこしと違ってスイートコーンは生で食べられるのが特徴なので、収穫のときには獲ったその場でみんなでかぶりつきます。

 

■ スイートコーンを育てる中で大変なことは何ですか?

スイートコーンは甘いので、他の野菜と比べても虫が寄ってきやすく、虫が入ってしまえば売り物になりません。そういったことも子どもたちには伝えつつ作業をしています。

 

 

■ 今回の苗植え体験で印象に残っていることはありますか?

高田小学校は全校生徒が100人ほどで、1年生から6年生まで体験したのですが、1年生と6年生とでは反応が全然違ったことですね。6年生ははじめてなのに難しい苗植えもすんなりとでき、1年生は好奇心旺盛で「これってなに?」とたくさん質問してくれてました。

 

■ 小学生以外にも農業体験は行っているのですか?

予定では来月から国際交流として、九工大や近畿大の外国人留学生の方々と野菜全般を一緒に作ろうというお話を、飯塚市の方からいただいています。留学生の方々が最初から作っているところに月に2回自分たちが教えたり手伝いに行く形なので、3・4回で終わる小学生たちの農業体験とは少し違いますね。

 

 

■ 農業体験を続ける理由はなんですか?

普段野菜は出荷して終わりだけど、農業体験では子どもたちが目の前で「美味しい!」と言ってもらえるので、こんなに喜んでもらえるんだと直接感じることが出来るのが大きいです。それがやる気に繋がって、もっといいものを作らなきゃと気持ちも変わってきます。あとは、子どもたちの農業に対するイメージを変えたいんですよね。例えばトラクターに乗って子どもたちの好きな音楽をかけながら仕事する様子を見せたり、農業は楽しい仕事なんだよということを伝えています。収益は出なくてもとても楽しいのと、先につながることがあるからという思いで農業体験をしています。

 

農業体験を続ける理由や根底にある思いが明らかになったところで、年々活躍のフィールドを広げつつある百笑のみなさまに、活動全般についても話を伺いました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

百笑(@hyakusho_mkr)がシェアした投稿

 

■ スイートコーン以外にはどのような作物を育てているのですか?

ブロッコリーやまくわうりも育てているのですが、今年からいろんな野菜を植えてみようということで、野菜全般を育てるようになりました。また今年の9月くらいからぶどう園を広げていこうとも思っています。

 

■ 百笑のみなさんが育てた作物はどこで買うことができますか?

今までブロッコリーに関しては農協にだけ出荷していたのですが、卸先も変わってきていて、直営店に出してもらったり、近隣のトライアルなどのスーパーや、スイートコーンだとイオンなどでも売られるようになりました。インスタグラムのDMからご連絡いただいて、送ることもあります。また最近では飯塚市のふるさと納税の返礼品として百笑の野菜がもらえるようになりましたよ。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

百笑(@hyakusho_mkr)がシェアした投稿

 

■ これからの目標などはありますか?

現在ブロッコリーの畑が東京ドーム3個分ほどで福岡県1番の面積なので、九州1番の面積を目指したいです。また、子どもたちが将来の夢を聞かれたときに農家になりたいと言ってもらえるような、憧れられるような農家になりたいですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

百笑のインスタグラムにDMしていただくと、新鮮な野菜を直接送っていただけるようです。毎年人気のスイートコーンの販売時期もインスタグラムでお知らせされるので要チェック!

 

●百笑のインスタグラムはコチラ ⬇

https://www.instagram.com/hyakusho_mkr/?hl=ja

 

WRITER PROFILE

WRITTEN BY:  CHIKUSKI STAFF
CHIKUSKI WEB運営スタッフです。特集・イベント情報、紙面のリリースに関するお知らせなどを配信。
Comments

CLICK TO CLOSE - OPEN

WEEKLY RANKING

1
百笑のスイートコーン苗植え体験会

「百笑」が、今年も地元小学校へスイートコーンの農業体験会を開催しました。

2
info

■お詫びと訂正:チクスキ236号(2021/5/10発行)で掲載しました内容に誤...

3
【話題のアイテム使ってみた】CLAYD(...

編集部員が人気アイテムを実際に使用してレビュー!

4
DOCTORS INTERVIEW VO...

今月のドクターは、「おおた歯科・小児歯科」太田常晴 院長です。

5
DOCTORS INTERVIEW VO...

今月のドクターは、「総合せき損センター」院長 前田健 先生です。