• Cafe

2021.10.07 UPDATEODA COFFEE 自家焙煎 おだ珈琲

地域の方々に支えられて、46年。「甘さ」を引き出す匠の焙煎が紡ぐ、2代の絆。

 

創業1976年。自家焙煎珈琲における先駆者であり現役の焙煎士兼マスターの小田さんは開店当初をこう振り返る。

「あの頃は、筑豊でも喫茶店ブーム。生き残るには何か強みがないといけん! と思ってお店をはじめる前に焙煎を学びました」

 

そこからしばらくは“本当に美味しい珈琲とは?”を自問自答する日々が続いたという。

「10年ほど経った頃でしょうか。ある日焙煎して淹れた珈琲を飲んだときに『甘い!』と感じたんです。珈琲といえば苦味や酸味。ですが焙煎によって甘みを充分に引き出すことで、こんなにも美味しい珈琲になるのだ、と確信しました」

その美味しさに惚れ込んだお客さんの中には、20〜30年もの間豆を買い続けている方もいるほど。

 

同じ焙煎士の道に進み、ともにお店に立つ息子の道太郎さんも、「父が焙煎して淹れた珈琲が大好き」で、ずっと変わらず目指すべき指標だという。

おだ珈琲の通販サイトは道太郎さんによる運営で、親子2代の見事なチームワークが伺える。

「遠方から買っていただけることもすごく有り難い。でもこの地域で長年ご利用いただいているお客様のおかげで、この店があります。感謝してもしきれません」とマスター。

 

創業当初から続ける、欠点豆を取り除くハンドピックの作業は粒ぞろい・焼きムラも厳密に選別し、2割ほどは廃棄。

毎日その作業だけでも2人がかりで2〜3時間にも及ぶ。大変な作業だが、苦労は感じさせない。

「46年間やって、70歳にもなりますが、これで良し、というのはありません。だから珈琲は面白い。ここにあがる階段をのぼれんようになるまでは、店に立ち続けようと思っています」

●豆の販売 ブレンド3種、シングル10種(480円〜 /100g〜) ●コーヒー1杯300円〜 ※500g〜 嘉麻市・飯塚市・桂川町まで豆の配達も可。

 

WRITER PROFILE

WRITTEN BY:  CHIKUSKI STAFF
CHIKUSKI WEB運営スタッフです。特集・イベント情報、紙面のリリースに関するお知らせなどを配信。

SHOP DATA

tel: 0948-42-5671
name: おだ珈琲  
address: 福岡県嘉麻市鴨生240 2F(味よし2階)
holiday:

日曜日

open:

10:00〜18:00

Comments

CLICK TO CLOSE - OPEN

チクスキウェブで紹介するニュースのネタ募集中!

チクスキウェブで紹介するニュースのネタ募集中!

【広告】筑豊最大級のポータルサイトでPRしませんか?

【広告】筑豊最大級のポータルサイトでPRしませんか?

【広告】「貯める・使える・得する」 チクスキパス

【広告】「貯める・使える・得する」 チクスキパス

WEEKLY RANKING

1
ごちそうマエストロで筑豊特集!混雑前に行...

10月10日(日)12:25〜 ごちそうマエストロで筑豊名物グルメである「田川ホ...

2
幸袋の居酒屋「仲々家」が閉店するらしい

平成18年の移転オープンから、多くの人々の心と胃袋を満たしてくれた「真心 Din...

3
たがわプレミアム付お食事券予約販売開始

田川市の飲食店で使えるプレミアムお食事券の予約販売が開始しました。締切は11月5...

4
旧伊藤伝右衛門邸で秋の企画展2021が1...

NHK連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった村岡花子と柳原白蓮ゆかりの品々...

5
ホルモン餃子のお店「ヒデマロ」がオープン...

コスモスコモン裏の土手沿いを穂波方面に進んだ途中のうどん屋さんのあとに、ホルモン...