• Cafe

2021.10.07 UPDATE覇薇可否道

創業者から受け継いだもの、それは、珈琲をおいしくするためのすべて。

 

「覇薇可否道」飯塚の方ならその名を知らぬ者はいない名喫茶。

旧店舗の柏の森から、現在の秋松に移転して9年目。その歴史は古く、創業は1974年(昭和49年)に遡る。

 

「珈琲のことなら、何でもとことんこだわる人でした」父であり創業者の先代を語るのは、焙煎歴25年、現マスターの原さん。

「父には10年焼いたら一人前と言われ、ひたすら焙煎機を回し続けました」

300gを1万セットという耳を疑うオーダーが入ったこともあったとか。

 

「日記はつけないけど、焙煎ノートだけは習慣になりましたね」

窯の温度はもちろん、天気、気温、湿度、豆の硬さ、水分量など、あらゆるデータを蓄積し、その日のベストな焙煎を組み立てる。

イメージは「均等に火が通るように、ふんわりと煎る」

 

先代のこだわりは抽出にも及び、覇薇オリジナル銅製ドリッパーとポッドを開発。

一杯のコーヒーの最適解を導き出すため、並々ならぬ情熱が注がれた道具は、今も現役で使用されている。

 

まずは、看板とも言えるマイルドブレンドを味わってほしい。

注文を受けてから豆を挽き、ネルドリップで丁寧に淹れるコーヒーは、エレガントな香りで、酸味・甘味・香ばしさが渾然一体となって口の中に広がる。

喉に留まることなくストンと落ちる感覚は、上質でクリア。ブレンド珈琲の概念を再構築させられるその味わいに、日々の技術の研鑽を感じずにはいられない。

 

どうしてそこまでこだわるのか?

「私が、一番おいしいと思える珈琲を飲みたいだけ」とマスターは笑う。

だが、季節に応じてブレンドの配合を調整し、いつも変わらぬテイストを保つのは、長年この味を求めてくるお客様のため。約半世紀続く歴史がそれを物語っている。

●豆の販売は、シングル15種、ブレンド2種(540円〜/100g〜)、お手軽なドリップバッグ108円(20種)●コーヒー1杯550円〜

WRITER PROFILE

WRITTEN BY:  CHIKUSKI STAFF
CHIKUSKI WEB運営スタッフです。特集・イベント情報、紙面のリリースに関するお知らせなどを配信。

SHOP DATA

tel: 0948-23-5492
name: 覇薇可否道 CAFÉ(はらコーヒーどう)  
address: 福岡県飯塚市秋松777-8
holiday:

不定休

open:

10:30~19:30(ランチ11:30~14:30)

Comments

CLICK TO CLOSE - OPEN

WEEKLY RANKING

1
ごちそうマエストロで筑豊特集!混雑前に行...

10月10日(日)12:25〜 ごちそうマエストロで筑豊名物グルメである「田川ホ...

2
幸袋の居酒屋「仲々家」が閉店するらしい

平成18年の移転オープンから、多くの人々の心と胃袋を満たしてくれた「真心 Din...

3
たがわプレミアム付お食事券予約販売開始

田川市の飲食店で使えるプレミアムお食事券の予約販売が開始しました。締切は11月5...

4
旧伊藤伝右衛門邸で秋の企画展2021が1...

NHK連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった村岡花子と柳原白蓮ゆかりの品々...

5
ホルモン餃子のお店「ヒデマロ」がオープン...

コスモスコモン裏の土手沿いを穂波方面に進んだ途中のうどん屋さんのあとに、ホルモン...