• Cafe

2014.12.16 UPDATE自家焙煎 おだ珈琲

今回は、嘉麻市鴨生にある「おだ珈琲」さんにおじゃましました。

建物は、名物ちゃんぽんで有名な「味よし食堂」さんのお2階にあり、

こちらの両店、先日、福岡の番組のめんたいワイドにもご出演なさったんですよ。

 

私がうかがった日も、開店直後から、コーヒー豆を求めるお客様が多数でした。

階段を上がるにつれ、珈琲のいい香りがして、ワクワクします。

ドアを開けて、中に入ると、

木のぬくもりに囲まれた、温かい空間が広がります。

そして、家族で営むみなさんの笑顔で、

着いて早々に「とっても心地いいお店~」と感じました。

カウンター7人、テーブルが4人掛け×2つ並び、ゆっくりとした珈琲タイムを過ごせます。

1976年創業のおだ珈琲さん。

まずは、創業以来、ずっと変わらないメニューの「特製ロールサンド」(500円)をいただきます。

食べやすくペーパーで包まれた4種類のサンド。

オーダーが入ってから、パンをスライスし、1つ1つ作ります。

美味しさを保つために、手間ひまかけたこの感じ。たまりませんっっ。

しっとりとしたパン生地で、具材の組み合わせも絶品!

一皿でいろいろな味が愉しめて、アレンジ豊かな巻き方も必見です。

2歳の娘と一緒にペロリと完食。

子連れだからと、味のアクセントに入ったカラシを抜いてくれたり、

お客様の顔を見て巻くからこその、心地いいサービス。

ほんわかしました。

ロールサンドを堪能している間に、選べる10種類の豆の中からオーダーした

ドリップ珈琲も運ばれてきました。

「いろいろな豆をまずは飲んでみて、愉しんでもらいたい」との想いから、

珍しい豆や最高級クラス(AA++)の豆も、

どれも1杯300円ととっても驚きの価格です。

選ぶのに迷いましたが、マスター厳選のマイルド・ブレンドにしました。

 

一口いただいて・・・

コクの中に、自然の甘みがある!!

お砂糖を入れずにこの甘さっっ!!

珈琲本来のやわらかい甘みが、口の中にふわっと広がります。  

その秘密を知りたくて、聞いてみると、「生豆」と「焙煎」にありました。

お米で例えると、新米が美味しいように、豆も新鮮な生豆を厳選されています。

そして、焙煎=調理と考え、焙煎中は豆と顔をつきあわせ、釜の前でじっくり見守るそうです。

 

最初、青っぽい生豆は、焙煎することで水分が飛び、

いづれ弾きだし、茶色く色づく頃には、1.5倍~2倍に膨らんだ状態だそうです。

そして、豆の甘みが最大限に引き出されるタイミングで釜から取り出します。

この取り出すタイミングが一番の勝負!

マスターも、「長年やってきて、そのタイミングがつかめた」とおっしゃるほど。

 

さらに焙煎後、豆をチェックし、

美味しさを損ねる豆をひとつひとつ手で取り出すそうです。

焙煎よりも時間がかかる、このひと手間をかけることで、

さらに美味しさに磨きがかかるそうです。

 

あの甘みは、熟練の技から繰り出された、想いのつまった「甘み」だったのです。 

こだわり満載の珈琲。また、いろんな味を試したくなりました。

娘には、自家製バナナジュース(400円)

こちらもオーダーが入ってから、ミキサーでつくります。

珈琲店で、子供も安心して飲める自家製ジュースがあるのは、ウレシイです。

大きなグラスにたっぷり入ってご満悦。

バナナ味が濃厚でごくごく飲んでいました。

そして、 デザートにいただくのは、2代目の息子(ミッチー)さん考案の

「ミッチーの手作りティラミス」(単品450円・コーヒーセット700円)

こちら、口コミでも好評だったので、食べてみたかった一品です。(売切れじゃなくてよかった~)

 

このティラミス、生地から焼いて、クリーム、エスプレッソまで、すべて手作りなんです。

本格エスプレッソに浸された生地は、しっとりしつつも、口の中でトロけます。

甘すぎず、さっぱりとしたクリームは、なめらか。

一日数量限定で、早々に売切れてしまう日もあるのは、納得です!

珈琲と、ほろにがティラミスとの相性は抜群で、至福のひととき。

また、食べたい一品です。   

そして贅沢にも、2つ目のデザート「アフォガート」

イタリア生まれのデザートで、アイスクリームの上にエスプレッソをかけていただく、

冷たくて熱いデザート。

濃厚なほろ苦いエスプレッソがアイスクリームの甘さと相まって、大人味で美味!!

抽出したてのエスプレッソで味わえる、珈琲店ならではの贅沢なお味です。

爽やかなご家族で、温かい雰囲気に溢れている、おだ珈琲さん。

「お客様に美味しい珈琲を、気軽に愉しんでもらいたい。」

話の随所から、珈琲をとても愛し、心から愉しまれてお店をされているのが

伝わってきます。

 

「これでよし!」というゴールはなく、常に「まだまだ」という気持ちで、

日々、お店に立たれているそう。

この想いが支持され続け、幅広い年齢層の常連さんに加え、

若い世代や、子連れのお客様も通われているそうです。

また、豆や珈琲の宅配もなさっていて、お客様は店内にとどまらず、広範囲にわたっています。

珈琲好きな私も、ちょうど家でも珈琲を愉しむ道具が欲しいと思っていました。

おすすめのハンドドリッパーやミルを詳しく教えていただいたり、

実物をみせてもらったり、とても参考になりました。

また、豆の美味しさを保つ方法など、

プロならではの話を教えてくださり、楽しくて、話は尽きません。

 

家に帰りついてからも、服に珈琲の香りがふわっと残っていて、

しあわせな余韻が続いていました。

 

老舗ならではの雰囲気の中で、ゆったりとした時間を過ごす。

それが叶えられるのが、おだ珈琲さん。

 

「今からまた行こうかなっ!」と、翌日に思ったほどです。

 

WRITER PROFILE

WRITTEN BY:  ALOHAHAHA〜N
1980年生まれ。2人の兄妹の子育てをしつつ、お友達と美味しいものを食べ歩くのがスキなくいしんぼう。北欧のイスや照明など、シンプルでありながら存在感を放つモノに心奪われやすい。食器集め、カメラ、子供との登山が趣味で、夢は家族でホノルルマラソン完走。

SHOP DATA

tel: 0948-42-5671
name: おだ珈琲  
address: 福岡県嘉麻市鴨生240 2F(味よし2階)
holiday:

日曜日

open:

10:00〜18:00

Comments

CLICK TO CLOSE - OPEN

【広告】「貯める・使える・得する」 チクスキパス

【広告】「貯める・使える・得する」 チクスキパス

緊急事態宣言により営業時間等が異なる場合がございます。各店舗へ直接お問い合わせください。

緊急事態宣言により営業時間等が異なる場合がございます。各店舗へ直接お問い合わせください。

毎月1000円もらえる!?

毎月1000円もらえる!?

WEEKLY RANKING

1
DOCTORS INTERVIEW VO...

筑豊の医療現場を支えるドクターの素顔に迫る 今月のドクターは、「飯塚医師会理事 ...

2
Sola Cafe

レトロな雰囲気で、何度も食べたくなるおうちごはんを味わえるカフェ。

3
CHIKUHO SANPO&RUNNIN...

わざわざ歩きたい。走りたい。快適コースをピックアップ。

4
TOY NO DONUTS

キュートでほんわかなドーナツ&ジェラートのお店                 ...

5
HAGINOYA

姉妹で営む、体に優しい創作料理。